メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

三陸の漁業担い手育成へ「浜の魅力体験講座」 関東や県内陸の大学生ら10人 釜石 /岩手

浜の魅力体験講座で釜石の漁業の魅力について話を聞く参加者=釜石市平田で

 東日本大震災で大きな被害を受け、後継者不足や漁獲減少に直面する三陸沿岸の漁業の担い手を育てる取り組み「浜の魅力体験講座」が27日、釜石市で始まった。29日までの3日間で、関東や県内陸の大学生から社会人まで10人が参加した。

 27日は同市で漁業の担い手育成をサポートする復興支援員「釜援隊」の斎藤孝信さん(56)と、震災後、神奈川県鎌倉市からIターンして同市で漁業を始めた山崎寛さん(44)が、世界有数の漁場である三陸の海の魅力や浜の生活についてスライドを交え紹介し…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです