メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンソーシアム

幹細胞で毒性情報化 化学関係企業など説明会 京大 /京都

 さまざまな体の組織に変化するヒトES細胞(胚性幹細胞)など幹細胞を使って化学物質の毒性に関するデータベース(DB)を構築することを目的に、産官学で発足させた団体に関する説明会が27日、構成機関の一つ、京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で開かれた。製薬や化粧品、食品会社など化学物質を扱う企業関係者ら約70人が出席した。

 団体の正式名称は「幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアム」。コンソーシアムは、京大iPS研の藤渕航教授らが昨年6月に発表した毒性予測システムに関する研究成果に基づき、今年7月28日に結成した。

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  2. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  5. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです