メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンソーシアム

幹細胞で毒性情報化 化学関係企業など説明会 京大 /京都

 さまざまな体の組織に変化するヒトES細胞(胚性幹細胞)など幹細胞を使って化学物質の毒性に関するデータベース(DB)を構築することを目的に、産官学で発足させた団体に関する説明会が27日、構成機関の一つ、京都大iPS細胞研究所(京都市左京区)で開かれた。製薬や化粧品、食品会社など化学物質を扱う企業関係者ら約70人が出席した。

 団体の正式名称は「幹細胞を用いた化学物質リスク情報共有化コンソーシアム」。コンソーシアムは、京大i…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文514文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです