メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 社団法人「ここから未来」 /大阪

正義感の強い少年/友達へのいじめ、きっかけに自死

後悔や懺悔の念持ち続ける母親/筆者らと団体設立

 「俺は『困っている人を助ける・人の役に立ち優しくする』それだけを目標に生きてきました。でも、現実は人に迷惑ばかりかけて友だちのことも護(まも)れなかった」

 2010年6月7日に自死した川崎市の篠原真矢(まさや)君(当時中学3年)の遺書の一節です。

 今年9月9日、一般社団法人「ここから未来」が東京で設立記念シンポジウムを開きました。「ここから未来」は、教師の指導をきっかけに自死した大貫陵平君の父隆志さん(東京都中野区)を代表とし、真矢君の両親の宏明さん、真紀さん夫妻、私の4人で設立しました。この時に真矢君の母真紀さんが話された内容を、真紀さんの了解を得て一部、紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです