連載

未来を見る『め』

毎日新聞デジタルの「未来を見る『め』」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

未来を見る『め』

スクールクライシス学校危機・心と命を救おう 社団法人「ここから未来」 /大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

正義感の強い少年/友達へのいじめ、きっかけに自死

後悔や懺悔の念持ち続ける母親/筆者らと団体設立

 「俺は『困っている人を助ける・人の役に立ち優しくする』それだけを目標に生きてきました。でも、現実は人に迷惑ばかりかけて友だちのことも護(まも)れなかった」

 2010年6月7日に自死した川崎市の篠原真矢(まさや)君(当時中学3年)の遺書の一節です。

 今年9月9日、一般社団法人「ここから未来」が東京で設立記念シンポジウムを開きました。「ここから未来」は、教師の指導をきっかけに自死した大貫陵平君の父隆志さん(東京都中野区)を代表とし、真矢君の両親の宏明さん、真紀さん夫妻、私の4人で設立しました。この時に真矢君の母真紀さんが話された内容を、真紀さんの了解を得て一部、紹介します。

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1820文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集