メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

和歌山市のリノベーションスクール 民間主導で空き物件活用 まちづくり、担い手育成 /和歌山

2016年11月に開催された第5回リノベーションスクールの様子=和歌山市提供

 和歌山市中心部で、民間主導で空き物件を再生する取り組みが広がっている。担い手は市が開催している「リノベーションスクール」の受講生だ。実際の物件を対象に、専門家の助言を受けながらグループごとに事業計画を数日間かけて練り、利活用の方法を不動産オーナーに提案する。実際に事業を始めるだけでなく、分野や業種を越えてまちづくりに関心のある人が知り合う場になっている。

 リノベーション(遊休不動産の活用)は老朽化した店舗や住宅を魅力的に再生させることで、にぎわい創出や…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文742文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  2. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 「桜を見る会」 与党に「推薦依頼」 官邸ホームページ動画に「招待枠」発言も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです