連載

クローズアップ2017

毎日新聞デジタルの「クローズアップ2017」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

クローズアップ2017

信頼揺らぐ車業界 スバルも無資格検査 日産に続き発覚

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
完成車の検査のイメージ
完成車の検査のイメージ

 日産自動車に続いてSUBARU(スバル)でも、無資格の従業員による検査が常態化していたことが明らかになった。相次ぐ検査不正の背景に重い生産現場への負荷があったとも指摘されており、現在はメーカー任せになっている検査制度のあり方も、今後議論になる可能性が出てきた。

 「歴史上ずっとやってきたことなので、きちんとやっていると思っていた。社内で『これがまずい』という認識がなかった」。27日記者会見したスバルの吉永泰之社長は、歯切れの悪い説明を繰り返した。

 完成検査は、資格を持った従業員が現場で検査を行うことになっており、同社が国土交通省に提出した検査要領にもそう記してある。一方で、社内規定では、資格を得るためには「現場経験の期間が必要」とも義務付けていた。検査できる資格を得るためには、無資格で現場経験を積む必要があるという矛盾した状況が、30年以上にわたって続いていた。

この記事は有料記事です。

残り1790文字(全文2176文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集