メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民進・希望

再結集へ苦闘

民進党の今後は?

 民進党と希望の党が27日にそれぞれ開催した両院議員総会は、衆院選で大敗した野党の先行きを占う内容になった。民進は与党に対抗できる野党の「大きな塊」に向けて苦闘を始めたが、ハードルも高い。一方で希望の混乱は当分、続きそうだ。

 ◆民進

 民進党の両院議員総会では、希望との合流を決断した民進党の前原誠司代表が辞任を表明した。民進党は新体制で、野党の再結集を目指す。ただ、選挙戦のしこりは大きく、具体化は来年以降になりそうだ。

 「希望の党の公認で『排除』されたのはどんな経緯だったのか」「民進党として野党統一候補で戦った方が勝てた」。総会は約3時間半続き、前原氏を追及する声が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです