メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代の中国

第1部 習指導部・2期目の課題/中 米との衝突回避に注力 「一帯一路」で国際協力促進

北京で講演する米アップルのティム・クックCEO(右)。年1、2回のペースで訪中を繰り返している=中国・北京の釣魚台国賓館で2017年3月、赤間清広撮影

 今年3月、北京の釣魚台国賓館で開かれた経済フォーラムに米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)の姿があった。クック氏は「中国の門戸がさらに開かれることが重要だ」と市場開放に強い期待を示し、地元経済人と熱心に意見交換した。

 中国は世界有数のパソコン、携帯電話市場で、主力商品「iPhone(アイフォーン)」の生産拠点。中国とのつながりはアップルの「生命線」だ。

 今年7月、アップルは中国向けアプリ販売サイトから仮想プライベートネットワーク(VPN)アプリを削除した。VPNは当局が接続を制限するサイトの閲覧を可能にする。「中国の規制に加担するのか」との批判に、クック氏は「我々はビジネスを行う国の法律に従う」と応じた。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです