メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

農政の本質と農業の在るべき姿=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 もう10年前のことである。宮城県の登米農協を訪れた際に、阿部長寿(ちょうじゅ)組合長(当時)から伺った話が忘れられない。組合長は1993年の冷夏による記録的凶作を経験し、冷夏に打たれ強い「環境保全米」を開発・導入し、コメの安定供給を達成した農業指導者でもある。

 当時の話題は、政府が2005年10月に導入した「品目横断的経営安定対策」と「集落的営農組織」だ。前者は、農業の構造改革を加速するとともに世界貿易機関(WTO)ドーハ・ラウンドの貿易自由化にも対応し得るよう、経営の安定を図るのが目的だ。それまで全農家を対象に品目別に講じられてきた経営安定化策を見直…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです