メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まであと1000日 五輪で輝いた最高の笑顔 東京でも見たい歓喜の笑顔(その2止)

女子マラソン表彰式で銅メダルを贈られ手を振る有森裕子=佐藤泰則撮影

 <TOKYO2020 開幕まであと1000日>

 1996年アトランタ五輪の表彰式の写真ですね。メダルは何色でも絶対に取らなければという思いでしたから。取った後の記憶があまりなくて。おもしろいものですね。逆に92年バルセロナ五輪はよく覚えています。メダリストになった実感がなくて、ホテルの部屋の鏡の前でメダルを掛けて。本当にメダルを取ったんだと。

 アトランタ五輪は感動や喜びではなく、安堵(あんど)。これから生きていくためにメダルが必要だった。走るのが好きとか、そういうのは全くなかった。2大会連続メダル獲得と言われましたが、私にとってはバルセロナとアトランタは別物。状況が全く違った。

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  2. 米国で白人警官が黒人男性の首押さえ死亡 差別への抗議活動が過激化

  3. 黒人男性死亡で米政権「解明を最優先事項」 トランプ氏、動画は「衝撃的」

  4. 「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  5. 「特別定額給付金」対象外の新生児に独自支援金10万円 札幌市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです