メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
トレンド観測

Theme ネコと日本史 ニャンとも言えない魅力

猫と日本史をたどる書籍が次々と刊行されている

 「猫バブル」ともいえる今日このごろ。書店は猫を特集した雑誌や本であふれ、テレビや映画の画面でも猫が躍動する。ブームに後押しされ、今、日本史と猫の関係にもスポットライトが当てられている。猫でひもとく歴史の魅力を探った。

 「猫は、いた。たしかにいた。弥生時代のカラカミ遺跡でも、奈良時代の観音寺遺跡でも、猫の骨は見つかっている。そうやって猫が史上を通った足跡を、いちど丁寧にたどってみるのはどうだろうか」。こう読者をいざなうのは『猫の日本史』(桐野作人編著、吉門裕執筆・洋泉社歴史新書)だ。平安時代から江戸時代末まで、歴史資料や文学に登場する猫のエピソードを紹介する。

 例えば、宇多天皇(867~931年)による「本邦初の猫日記」。飼っていたのは黒猫で、乳粥(にうのか…

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文1030文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 県戦没者追悼式 平和、次世代に 水戸 /茨城

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです