メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トレンド観測

Theme ネコと日本史 ニャンとも言えない魅力

猫と日本史をたどる書籍が次々と刊行されている

 「猫バブル」ともいえる今日このごろ。書店は猫を特集した雑誌や本であふれ、テレビや映画の画面でも猫が躍動する。ブームに後押しされ、今、日本史と猫の関係にもスポットライトが当てられている。猫でひもとく歴史の魅力を探った。

 「猫は、いた。たしかにいた。弥生時代のカラカミ遺跡でも、奈良時代の観音寺遺跡でも、猫の骨は見つかっている。そうやって猫が史上を通った足跡を、いちど丁寧にたどってみるのはどうだろうか」。こう読者をいざなうのは『猫の日本史』(桐野作人編著、吉門裕執筆・洋泉社歴史新書)だ。平安時代から江戸時代末まで、歴史資料や文学に登場する猫のエピソードを紹介する。

 例えば、宇多天皇(867~931年)による「本邦初の猫日記」。飼っていたのは黒猫で、乳粥(にうのかゆ)を与えていたという。「歩くときは音もなく、まるで雲上の黒い竜のようだ」と例え、愛猫家ぶりがうかがえる。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 与党、国会延長せず失態逃げ切り 野党批判回避狙う 2次補正成立急ぐ

  3. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

  4. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  5. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです