メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

武田砂鉄の気になるこの人

1990…年代論、世代論 ゲスト 批評家・近畿大准教授、大澤聡さん(その2止)

地下鉄サリン事件以後、進んだ監視社会化

 武田 地下鉄サリン事件以後、監視社会化が進み、人々が権力に従順になったと感じます。

 大澤 それでも、99年の通信傍受法成立のときは、批判のムーブメントがあった。今や個人情報を国家に管理されることへの不信は、「ヘンなやつら怖いじゃん」に負けてしまった。

 武田 たとえば、駅のホームのごみ箱に菓子パンの空き袋を捨てたら空き缶専用だった、程度の間違いを、年に何度かしてしまう。当然、「間違えた」と思う。大げさではなく、それをカメラで監視されて罰せられる社会が来るかもしれない。

 大澤 間違えたと意識するのは、規律や道徳が内面化されているからですね。もっと巧妙に監視社会化が進む…

この記事は有料記事です。

残り934文字(全文1239文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  2. 「助けて…」用水路で流される80代女性救助 女子高生に感謝状 愛媛・新居浜

  3. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  4. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  5. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです