メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

円通寺坂を上ったところ、赤坂の台地の上にある円通寺の前にたたずむ一之輔さん。奥にTBSが見える=東京都港区で

人間浮かぶ霊験譚

 目の見えない人の目が開く。観音様の霊験譚(れいげんたん)とも言うべき落語が「景清(かげきよ)」。タイトルは多くの伝説を持つ平家の侍大将悪七兵衛(あくしちびょうえ)景清に由来する。その舞台の一つ、東京・赤坂の円通寺(東京都港区赤坂5)を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 江戸の指物師、定次郎は目が見えなくなり、眼病に御利益があるという赤坂の円通寺の日朝様に三七、二十一日間お参り。その満願の日、隣で「南無妙法蓮華経……」とお題目を唱える女性の声が聞こえてきて……。

 元は上方種。「祇園景清」などを元に京都の初代笑福亭吾竹が作ったとされる。三代目三遊亭円馬が舞台を東…

この記事は有料記事です。

残り2073文字(全文2366文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 神村学園伊賀分校女子サッカー部 創部1年で新人大会優勝 /三重
  3. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  4. 急性アルコール中毒死の客を路上に 死体遺棄容疑で元キャバクラ店長ら逮捕
  5. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです