メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まであと1000日 リオの後、若手躍進

父の張本宇さん(左)と得意のバックハンドの技術に磨きをかける張本。「1000日間なんてあっという間じゃないかな」と大舞台を見つめる=2017年10月22日、田原和宏撮影

 <TOKYO2020 開幕まであと1000日>

 2020年東京五輪開幕まで28日で、あと1000日となった。1964年東京五輪では、米国、ソ連(当時)に次いで3番目に多い16個の金メダルを獲得し、国内は盛り上がった。20年大会へ向け、日本オリンピック委員会(JOC)は56年ぶりに金メダル数世界3位になることを目標に掲げる。昨年のリオデジャネイロ五輪では、史上最多の41個(金12、銀8、銅21)のメダルを獲得した。今年の世界選手権でも「お家芸」の柔道やレスリングなどで金メダルを手にした。64年大会のような熱狂の再現を目指して選手や指導者らの意欲は高まっている。【小林悠太】

 リオデジャネイロ五輪を終えた翌年の今季、各主要競技が一定の成績を維持して、東京五輪に向け好スタートをきった。

この記事は有料記事です。

残り1806文字(全文2150文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです