メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国

「帝国の慰安婦」虚偽認定 高裁「被害者に精神的苦痛」

朴裕河氏=内藤絵美撮影

 【ソウル大貫智子】著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦の名誉を傷つけたとして名誉毀損(きそん)罪で在宅起訴された韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パクユハ)教授に対する控訴審判決が27日、ソウル高裁であった。高裁は「性奴隷生活を強要された被害者らにねじ曲げた事実を示すことは大きな精神的苦痛を与える」として1審の無罪判決を破棄、罰金1000万ウォン(約100万円)の有罪判決を言い渡した。

 朴教授は「大変不当で遺憾。先入観だけで下した判決だ」と述べ、上告する方針を明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文545文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染177カ国・地域、世界全域で68万人 死者3万人超える 新型コロナ

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「このままでは餓死」失職労働者、都市部から歩いて故郷へ 感染拡大懸念 全土封鎖のインド

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです