メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下、九州豪雨の被災者お見舞い 退位特例法成立後初めて

九州北部豪雨で被災した住民ら(手前)を励まされる天皇、皇后両陛下=大分県日田市で2017年10月27日午後3時54分、上入来尚撮影

 天皇、皇后両陛下は27日、7月の九州北部豪雨で被害を受けた福岡県朝倉市と大分県日田市を訪れ、被災者を見舞われた。陛下の退位を実現する特例法が6月に国会で成立して以降、両陛下が被災地を訪問するのは初めて。【竹中拓実、高島博之、山田奈緒】

 福岡空港に正午過ぎに到着した両陛下は、まず福岡県の朝倉市役所杷木(はき)支所を訪問した。家族を亡くした被災者6人とテーブルを囲んで面会、一人一人の話に耳を傾けた。災害で妻と娘、孫の3人を失った渕上洋さん(65)は「娘のおなかには臨月の男の子がいました。あと15日で生まれるところでした」と語り、天皇陛下は「本当に残念なことでしたね」となぐさめた。

 日田市役所では5人と面会した。消防団員の夫の山本岳人さん(当時43歳)を亡くした佳代さん(39)が…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1338文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  3. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  4. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです