メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

東京五輪まで1000日/2 脱「風評被害」食PR

来夏の収穫に向け桃の木を枝切りする羽根田幸将さん(右)と父の建伸さん=福島県桑折町で2017年10月13日、村上正撮影

 夏の収穫を終えた桃の木々は秋には来年に向けた準備に入る。桃の収穫量が全国2位の福島県でも有数の産地である桑折(こおり)町で「はねだ桃園」を営む羽根田幸将さん(28)と父建伸さん(64)は剪定(せんてい)に励んでいた。2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11年の東日本大震災の被災地の食材を積極的に活用する。羽根田さんは、これを機に東京電力福島第1原発事故の風評被害から脱却することを願っている。

 組織委は五輪・パラリンピックで選手村や会場などで約1500万食の提供を見込んでおり、日本の食文化を世界に発信する機会ととらえている。組織委は栄養や安全衛生への配慮から、食材を提供する農家には労務管理から栽培過程までを記した農業生産工程管理「GAP(ギャップ)」の取得を義務づけた。これを受け、福島県は今年5月にGAPの取得日本一を宣言した。現在の10件から大会までに県内の栽培面積の半分を上回る36…

この記事は有料記事です。

残り703文字(全文1106文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです