メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

運動神経の束作製に成功 東大生産技術研

ヒトiPS細胞から作製された運動神経の軸索の束=池内氏提供

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から運動神経の束を作ることに成功したと、東京大生産技術研究所のチームが米科学誌「ステムセル・リポーツ」(電子版)に発表した。体内により近い状態が再現できたことで、運動神経の異常で起こる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」などの病気の治療薬開発につながる可能性があるという。

 運動神経は、体の各筋肉が動くよう脳から出される電気信号が通る細胞で、通り道に当たる部分を「軸索」と呼ぶ。ヒトiPS細胞から運動神経の軸索を作ることはできるが、体内により近い状態の軸索の束を作ることはこれまでできていなかった。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです