iPS細胞

運動神経の束作製に成功 東大生産技術研

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ヒトiPS細胞から作製された運動神経の軸索の束=池内氏提供
ヒトiPS細胞から作製された運動神経の軸索の束=池内氏提供

 ヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から運動神経の束を作ることに成功したと、東京大生産技術研究所のチームが米科学誌「ステムセル・リポーツ」(電子版)に発表した。体内により近い状態が再現できたことで、運動神経の異常で起こる難病「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」などの病気の治療薬開発につながる可能性があるという。

 運動神経は、体の各筋肉が動くよう脳から出される電気信号が通る細胞で、通り道に当たる部分を「軸索」と呼ぶ。ヒトiPS細胞から運動神経の軸索を作ることはできるが、体内により近い状態の軸索の束を作ることはこれまでできていなかった。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文574文字)

あわせて読みたい

ニュース特集