メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸

世界一のクリスマスツリー 巨大アスナロで実現へ

掘り起こされたアスナロの巨木=富山県氷見市で2017年10月22日、そら植物園提供

 神戸港の開港150年目を記念し、神戸市中央区のメリケンパークに“世界一のクリスマスツリー”を立てるプロジェクトが進んでいる。高さや電飾数などで世界一をうたうツリーは数多いが、今回狙うのは「寄せられたメッセージ数」の世界一。企画したそら植物園(兵庫県川西市)代表の西畠清順さん(36)は「木を立てるのは鎮魂やとむらいの原型。神戸の復興と再生の象徴にしたい」と意気込む。

 27日に神戸市内で記者会見して計画を発表した。ツリーの木は富山県氷見市の山中で見つけた高さ30メートル超、直径約1メートル、重さ約24トンの樹齢約150年の針葉樹アスナロ。「世界最大級」で有名な米ニューヨーク・ロックフェラーセンター前ツリーの過去最高記録(約30メートル)を上回る高さの木を探したという。

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです