政府・与党

特別国会審議実施へ 野党の批判受け

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=東京都千代田区で、川田雅浩撮影
国会議事堂=東京都千代田区で、川田雅浩撮影

 政府・与党は27日、来月1日召集の特別国会で、安倍晋三首相による所信表明演説と各党による代表質問を行う調整に入った。首相の外国出張で日程が窮屈なことから、実質的な国会審議は来年の通常国会に先送りする方針だったが、野党は「森友・加計(かけ)学園をめぐる疑惑から逃げている」と批判。こうした批判をかわすためには国会審議に応じる方が得策との判断に傾いた。

 首相は27日、首相官邸で自民党の萩生田光一幹事長代行と会談。萩生田氏は会談後、記者団に「審議の場をちゃんと作っていきたい」と述べた。政府・与党は、特別国会の会期を11月8日までとする案をすでに野党に提示。これを修正し会期末を12月上旬までとするか、開会後、8日までに会期を延長するかの調整はついていない。

この記事は有料記事です。

残り173文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集