メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝国の慰安婦

元慰安婦らの主張を受け入れ 著者逆転有罪

朴裕河氏=内藤絵美撮影

 【ソウル大貫智子】韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授が出版した著書「帝国の慰安婦」をめぐる名誉毀損(きそん)罪でソウル高裁が出した27日の有罪判決は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけるなど、歴史的事実に関し司法が判断を下した形だ。元慰安婦の当時の実態にはさまざまな見解があり日韓両国で論争が続くが、高裁は告訴した元慰安婦らの主張を受け入れた。

 慰安婦問題をめぐっては、朴槿恵(パク・クネ)前政権が日本政府とまとめた2015年の合意について文在寅(ムン・ジェイン)政権が「国民の多くは受け入れていない」と批判し、合意反対の元慰安婦の声も強まっている。その上で今回の判決が出たことにより、朴教授が目指す、多様な議論を通じた慰安婦問題の解決は、より困難になったと言えそうだ。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  2. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  3. コープこうべ、開店後30分間を高齢者ら専用に 「知らなかった」引き返す一般客も

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです