メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝国の慰安婦

元慰安婦らの主張を受け入れ 著者逆転有罪

朴裕河氏=内藤絵美撮影

韓国・ソウル高裁 慰安婦を「性奴隷」と位置づける

 【ソウル大貫智子】韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授が出版した著書「帝国の慰安婦」をめぐる名誉毀損(きそん)罪でソウル高裁が出した27日の有罪判決は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけるなど、歴史的事実に関し司法が判断を下した形だ。元慰安婦の当時の実態にはさまざまな見解があり日韓両国で論争が続くが、高裁は告訴した元慰安婦らの主張を受け入れた。

 慰安婦問題をめぐっては、朴槿恵(パク・クネ)前政権が日本政府とまとめた2015年の合意について文在…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです