メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

帝国の慰安婦

元慰安婦らの主張を受け入れ 著者逆転有罪

朴裕河氏=内藤絵美撮影

韓国・ソウル高裁 慰安婦を「性奴隷」と位置づける

 【ソウル大貫智子】韓国・世宗(セジョン)大の朴裕河(パク・ユハ)教授が出版した著書「帝国の慰安婦」をめぐる名誉毀損(きそん)罪でソウル高裁が出した27日の有罪判決は、慰安婦を「性奴隷」と位置づけるなど、歴史的事実に関し司法が判断を下した形だ。元慰安婦の当時の実態にはさまざまな見解があり日韓両国で論争が続くが、高裁は告訴した元慰安婦らの主張を受け入れた。

 慰安婦問題をめぐっては、朴槿恵(パク・クネ)前政権が日本政府とまとめた2015年の合意について文在…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文615文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです