メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島

リンゴに「とみっぴー」シール 富岡の避難者励ます

「とみっぴー」がくっきりと浮き出たリンゴ=福島市飯坂町で2017年10月27日、曽根田和久撮影

 福島第1原発事故で福島県富岡町から避難している人たちを励ますため、福島市飯坂町で育てられているリンゴが27日に収穫された。「富岡は負けん」とのメッセージや富岡町の公式マスコットキャラクター「とみっぴー」の形をしたシールが貼られたリンゴを、町民やボランティアら約20人がもぎ取った。

     同町は今年4月1日に帰還困難区域を除き避難指示が解除されたが、今も多くの人が町外で暮らす。福島市には約220人が避難しており、富岡とのつながりを感じてもらおうと、ボランティアでつくる「とみおかサポータークラブ」(とみサポ)が企画した。

     午前10時から、とみサポのメンバーや市内に避難している人たちが5本の木から収穫。シールをはがすとイラストやメッセージがくっきりと浮かび上がり、「うまくできた」と楽しげな声が響いた。市内の借り上げ住宅で暮らして6年以上になる60代の女性は「みんなで作業するのは楽しい」と話し、古里の話題に花を咲かせた。

     収穫したリンゴは町民に配ったり、市内にある町民向けサロンに飾ったりする。【曽根田和久】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア 羽生「ルッツはしばらくお別れかな」 練習後の一問一答
    2. 大杉漣さん死去 西田敏行さんが、船越英一郎さんが思う「大杉漣さんの優しさ」(スポニチ)
    3. 旧優生保護法 強制不妊、沈黙破る医師 親の思いで「やむを得ず」 手術「これほど多いとは」
    4. 東名事故 なぜ医師の乗用車は中央分離帯を越えたのか
    5. 五輪カーリング 「そだねー」で好感度アップ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]