メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性殺害の元名古屋大生

「人殺したい気持ちまだ」控訴審

裁判所=ゲッティ

 名古屋市で高齢女性を殺害し、仙台市で高校の同級生ら2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませたなどとして、1審で無期懲役判決を受けた元名古屋大学生の女(22)=事件当時16~19歳=は27日、控訴審公判で「1審判決の内容だと、人を殺さない自分になりたいという目的の達成が難しいと思った」と控訴した理由を説明した。

 元学生は1審で動機を「人を殺してみたかった」などと供述し、弁護側は心神喪失状態だったとして無罪にした上で医療機関で治療を施すよう求めた。これに対し、裁判員裁判の名古屋地裁判決(3月)は責任能力を認め殺人、殺人未遂罪などで求刑通り無期懲役を言い渡し、刑務所の処遇で「適切な療育に最大限の措置を講じられたい」と付言した。

 27日の公判は名古屋高裁(高橋徹裁判長)で被告人質問が行われた。元学生は「刑務所でも療育が可能というのは根拠がないと弁護人に説明された。母にも控訴を勧められた」と述べた。ただ、「根拠があれば(1審判決の)主文通りの刑でも構わない」と語った。

 現在の心情を「人を殺したい気持ちが浮かんでくる。弁護士を殺したくなることも…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです