メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古

「警備費過大」検査院指摘 防衛省83億円で発注

辺野古で進められている米軍普天間飛行場の移設工事=沖縄県名護市辺野古で2017年10月12日、本社機「希望」から宮間俊樹撮影

 防衛省沖縄防衛局が発注した沖縄県名護市辺野古沖の海上警備業務に過大積算があると会計検査院が指摘したことが、関係者への取材で分かった。2015、16年度の契約4件の予定価格は計約83億円で、すべて東京都渋谷区の警備会社が受注。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設反対派に対する警備の「特殊性」を口実として、人件費などが過大に見積もられていた。

 辺野古沖では、移設反対の市民らがカヌーなどに乗って抗議活動を続けており、同局は埋め立て工事を安全に進めるため海上警備を発注している。受注社は子会社に業務を一部委託しながら現在も海上警備を行っている。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. ORICON NEWS いらすとや、2月からサイトを不定期更新に 9年間「毎日サイトを更新」に労いの声

  3. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  4. コロナ感染した遺体が増加 変死など警察取り扱い数、12月上回る

  5. 「サムハラ神社」神職が祈とう中にわいせつ行為の疑い 大阪府警が逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです