メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎市

元オランダ人捕虜に被爆者手帳 本紙報道、機に

ルディ・ホンソンさん=吉村周平撮影

 戦時中に長崎市にあった捕虜収容所に収容されて被爆した元オランダ兵捕虜のルディ・ホンソンさん=カナダ在住=が今年9月、同市から被爆者健康手帳を交付されたことが支援団体への取材で分かった。92歳だった2015年8月、米国側に後遺症の治療を求める手紙を送っていたと毎日新聞が報じ、それがきっかけで支援団体が後押ししたことが手帳取得につながった。

 ホンソンさんは1942年にインドネシアで捕虜になり、長崎市にあった福岡俘虜(ふりょ)収容所第14分所に移送された。45年8月9日、爆心地から約1.7キロにあった14分所近くで被爆。その後、遺体の片付けなどに従事した。

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 大阪で過去最多23人死亡 新型コロナ 新たな感染者は357人

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです