メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

県ボッチャ協会代表 徳原啓次さん /山口

徳原啓次さん

山口から日本代表育成 徳原啓次さん(41)

 慎重に狙いを定め、左手の上投げから球を繊細にコントロールする。「地上のカーリング」とも呼ばれる障害者スポーツ「ボッチャ」の日本選手権で過去2回優勝の実力者。2007年から県協会代表を務める。「子どもも大人も、年齢や性別に関係なく楽しめる」。その魅力を語り始めると笑顔がはじけた。

 ボッチャは脳性まひや四肢障害がある人たちの競技で、赤と青の球を6球ずつ投げたり、ころがしたりして、…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 軽量タイヤホイール 熱可塑性カーボンで従来の半分 赤磐の板金加工会社が開発 数年後の量産化へ /岡山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです