メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

ミヤコ蝶々 「夫婦善哉」で人気上昇 離婚後も元夫と共に仕事 /徳島

 ミヤコ蝶々(ちょうちょう)(1920~2000年)漫才師、女優。東京都出身、本名日向(ひゅうが)鈴子(すずこ)。

 彼女の著書「泣き笑い放浪星」によると

 1920(大正9)年0歳 7月6日東京・日本橋の家具商の父・栄治郎と常盤津師匠の母・ハナの長女として生まれる。

 24年4歳 父が柳橋芸者・さきと駆け落ちし鈴子も新しい義母に引き取られた。

 27(昭和2)年7歳 父が店を閉め、鈴子を座長として旅回りの都家蝶々一座を組み、全国各地を回る。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  5. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです