メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

海難救助で活用へ 佐伯海保と消防本部、態勢作り進む 合同対策研修会で手応えつかむ /大分

ドローンを飛ばし、海中から人形を引きあげる隊員ら

 佐伯海上保安署と佐伯市消防本部が、海難救助に小型無人機「ドローン」を活用しようと取り組んでいる。ドローンを持ち合わせていない佐伯海保と、大型の船がない消防が、お互いに「ないもの」を補完するため、タッグを組んだ。今夏にはドローンを使った初の合同災害対応研修会を佐伯湾で実施。いち早く海難救助を行う態勢作りが進んでいる。【柳瀬成一郎】

 両者は3年前から年3回、離島での防災訓練などで連携を深めてきた。南海トラフ地震で想定される大津波で…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです