メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

奥原希望 世界一の舞台裏(その1) 迷ったら苦しい方へ

ダイハツ・ヨネックスオープン女子シングルス2回戦で試合中に笑顔を見せる奥原希望選手。対戦相手は世界選手権決勝でも戦ったインドのプサルラだった=東京体育館で2017年9月21日、和田大典撮影

 体がきつくて試合前半は涙が出た。中盤過ぎは太ももの裏がつりかけ、コートに倒れ込み荒い呼吸を繰り返した。8月27日、バドミントンの世界選手権(英国・グラスゴー)の女子シングルス決勝。奥原希望(のぞみ)(22)=日本ユニシス=の体力は限界に近づいていた。

 相手は昨年のリオデジャネイロ五輪の準決勝で敗れたシンドゥ・プサルラ(インド)。試合時間は最終ゲームに入る時点で1時間を超えていた。でも逃げたら後悔する。自分を信じる。そう心に語りかけているうちに体が軽くなった。もっとできる。こんなもんじゃない。気持ちを高揚させた身長156センチの奥原が179センチのプサルラを巧みなショットで振り回す--。

 女子ダブルスの活躍が中心だった日本バドミントン界で、奥原は女子シングルスの歴史を次々と塗り替えてき…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文770文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです