メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

核廃絶決議

つまずく日本 賛成国急減 国連委員会採択

 【ニューヨーク國枝すみれ】日本政府が国連総会第1委員会(軍縮)に提出した核廃絶決議案が27日、加盟193カ国中、144カ国の賛成を得て採択された。今年7月に採択された核兵器禁止条約への言及がなく、米国など核保有国に配慮した内容として非核保有国の一部が反発。賛成は昨年の167カ国から23も減り、棄権が10カ国増えて27カ国となった。日本が1994年から毎年提案している決議案だが、賛成数は2003年以降で最低となった。

 採択されたのは「核兵器の全面的廃絶に向けた新たな決意の下での共同行動決議案」。昨年の決議は「核兵器…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1632文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです