メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

開幕まであと1000日 五輪へ、熱気早くも メダリストトークショー 各地でイベント

 <TOKYO2020 開幕まであと1000日>

 2020年東京五輪開幕まで1000日となった28日、各地で機運を盛り上げるためのイベントが行われた。東京・日本橋では東京都と大会組織委員会が主催してカウントダウンイベントがあり「1000」にちなんだ演出、五輪競技の体験会などがあった。毎日新聞社は東京本社のあるパレスサイドビル(千代田区一ツ橋)の毎日ホールでトークイベント「挑む 東京2020へ」(毎日新聞社主催、日本オリンピック委員会共催)を開き、昨年のリオデジャネイロ五輪のメダリスト4人が東京五輪への意気込みなどを語った。

 第1部は五輪の価値や意義を広めるため、日本オリンピック委員会(JOC)が元五輪選手らを講師に2011年から全国の中学2年生向けに開いているオリンピック教室の「校外編」が行われた。

 毎日新聞社の丸山昌宏社長は1964年東京五輪で毎日新聞が標語を募集して「世界は一つ 東京オリンピック」が採用された経緯に触れ、「20年東京五輪も報道はもちろん、イベントを通じても盛り上げていきたい」とあいさつ。また、JOCの竹田恒和会長は「来年には平昌五輪が開催される。何としても平昌で好成績を上げ、次の東京五輪につなげたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り2216文字(全文2739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです