メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッションNote

18年春夏欧州コレクション 日本ブランド、自由な創作

 欧州各地で9~10月に開かれた2018年春夏コレクション。作品を発表した日本ブランドの現状を、専門誌「モードエモード」の山口八千代編集長にリポートしてもらった。【まとめ・野村房代】

 ここ数年、海外の老舗ブランドでデザイナー交代が相次いでいる。デザイナーには、ブランドの遺産であるアーカイブ(過去作品)をうまく再生させる手腕が求められる。海外ブランドのデザイナーは大抵欧米人と決まっており、日本人は自分のブランドで勝負するしかない。だがその分、創作も運営も自由で、おのずと独自性が確立される。

 1981年にパリコレデビューし、今も発表を続けるコムデギャルソンの川久保玲とヨウジヤマモトの山本耀…

この記事は有料記事です。

残り1115文字(全文1411文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  4. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです