メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『日本国憲法の理念を語り継ぐ詩歌集』=鈴木比佐雄、佐相憲一・編

 (コールサック社・1944円)

 日本国憲法は1946年11月3日に公布され、翌年5月3日に施行された。公布から71年を迎え、改めて現憲法の存在意義を考える必要性が高まる中、この本は詩や歌、俳句の想像力と表現力で平和の意味や憲法の理念を考えようという実にユニークな憲法読本である。

 登場するのは223人。金子兜太さんや山口修さんら現役の作家が多いが、石川啄木や与謝野晶子ら過去の作家の作品も多…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです