連載

走り続けて

毎日新聞デジタルの「走り続けて」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

走り続けて

伝えることの難しさ 情報発信も研究者の仕事=山中伸弥

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=小松雄介撮影
=小松雄介撮影

 「科学コミュニケーション」という言葉をご存じでしょうか。難しく、とっつきにくい印象のある科学の知識を、広く共有しようとする取り組みを指す言葉です。専門家と一般市民の間でのコミュニケーションはもちろん、ある分野で専門を究めた研究者でも、少し分野が変われば素人ですから、異なる分野の専門家同士のコミュニケーションも科学コミュニケーションと呼ばれます。

 iPS細胞のような生命科学、IT(情報技術)、AI(人工知能)といった先端技術など、さまざまな科学技術がものすごいスピードで進展しています。私は、新しい技術の可能性や課題について、その使い手である一般の皆さんと意見交換する科学コミュニケーションは、研究者にとって重要な仕事の一つだと考えています。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1292文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集