連載

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権で頂点を目指す戦いの道筋を紹介します。

連載一覧

王座への道筋

第43回社会人野球日本選手権/5止 JR東日本(関東・東京)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会人野球の集大成となる日本選手権に向け、闘志を燃やすJR東日本の田嶋
社会人野球の集大成となる日本選手権に向け、闘志を燃やすJR東日本の田嶋

「ポスト」田嶋、融合カギ

 26日のドラフト会議で指名を受けてプロ入りする選手にとって、日本選手権はアマチュア最後の大会となる。今大会の出場32チームから指名されたのは19人。JR東日本のエースで、オリックス1位の田嶋大樹は「社会人の集大成として優勝で締めくくりたい」と意気込みを口にする。

 JR東日本は都市対抗を制した2011年から昨年までに十亀剣(西武)、田中広輔(広島)ら計14人をプロに送り出してきた。今年もエースが抜けることになるが、就任13年目の堀井哲也監督は「不安以上に誰が(穴を)埋めるかというワクワク感が大きい」と前向きだ。チームメートのプロ入りは他の選手にとって「次は自分も」という刺激となり、「プロを目指せるチーム」という評価が有望な新人獲得につながる好循環も生んでいる。

 「社会人ナンバーワン左腕」の田嶋のドラフト指名は今季当初から織り込み済みだったが、エースに次ぐ存在はなかなか台頭しなかった。日本選手権の出場権がかかった春のJABA大会は、3大会に出て静岡大会4強が最高成績。都市対抗、日本選手権と同様に決勝まで5試合を戦うJABA大会を堀井監督は「仮想2大大会」と位置づけるが、連戦の中で田嶋に頼り切りになってしまった感は否めない。

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文873文字)

あわせて読みたい