メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/62 時間

あるとも見えぬうねりをたたえて=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

ささくれだち割れる

 「あー、ドキドキする」。9月15日夕方、熊本市の病院のエレベーターの中、写真家の石内都さんが緊張の面持ちである。石牟礼道子さんは開放フロアでくつろいでいる。近づいた石内さんは、「私のこと、おぼえていますか?」と話しかけた。

 石内さんは、熊本市現代美術館の「誉のくまもと展」(11月26日まで)に連作「不知火の指」のモノクロ7点を出品している。被写体は石牟礼さん。2014年と16年に撮影した。7点のうちの1点は右手の指のアップである。<中央の、ゾウさんの鼻のようなゴツゴツと湾曲した人さし指は、私には大廻(うまわ)りの塘(とも)にしか見えない>と私は9月24日付の本欄に書いた。

 石内さんは内覧会に出席するため熊本に来たのだ。翌日の展覧会のトークにも参加する。病院に着くまでの間…

この記事は有料記事です。

残り1752文字(全文2111文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです