メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深い傷

犯罪被害者は問う 夫殺害されPTSDに 医師と出会い救われた 支援求め、もがく遺族

 犯罪被害者遺族らが初期段階で支援を受ける犯罪被害者支援センターで、精神医療との連携に地域差がある実態が明らかになった。遺族らは深刻な精神的危機に陥りながら支援を求めてもがいている。【宗岡敬介】

 「家族4人全員が写った写真は、この1枚だけなんです」。那覇市の川満由美さん(49)は、自宅リビングの棚に置かれた写真立てをそっと手に取り、いとおしそうに見つめた。写真には、産婦人科医院のベッドで生まれたばかりの次男を抱く川満さんと夫正則さん(当時48歳)、3歳の長男が寄り添う姿が写っている。そんな幸せに満ちた暮らしは8日後に一変する。

 2005年2月26日夜、学習塾の経営をしていた正則さんは帰宅中に突然、背後から頭をコンクリート片で…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1442文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. 出動現場で高級腕時計盗む 容疑の巡査部長逮捕 栃木県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです