日本政府

陸自の中古ヘリ部品 フィリピンに無償譲渡へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
TC90練習機=河村諒撮影
TC90練習機=河村諒撮影

 政府は、陸上自衛隊の多用途ヘリコプター「UH1H」の中古部品をフィリピンに無償譲渡する方針を固めた。11月に同国で開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に合わせ、両国が協定に署名する予定だ。日本政府関係者が28日、明らかにした。

 フィリピンの警戒監視活動を支援し、海洋進出を強める中国をけん制する狙いがある。

 中古の防衛装備品の無償譲渡は5月の自衛隊法改正で可能になった。政府は海上自衛隊の練習機「TC90」5機を来年3月に無償譲渡することでもフィリピンと合意している。同国が初めての無償譲渡先となる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文570文字)

あわせて読みたい

注目の特集