メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「ノーベル賞疲れ」小説に-- 春樹さんを解放せよ 「ファン」加藤典洋さん訴え

村上春樹さんのノーベル文学賞受賞を期待して集まったファンら。カズオ・イシグロさんの受賞決定の知らせを聞き、クラッカーを鳴らして祝福した=東京都渋谷区で2017年10月5日、小川昌宏撮影

 「世界中探しても、ノーベル賞にこれほど痛めつけられている人はいませんよ」。小説家、村上春樹さんのことだ。「長い拷問からもう解放してあげるべきだ」と文芸評論家、加藤典洋さんは訴える。【藤原章生】

ユーモア消え「消化不良感」

 今年は英国人作家、カズオ・イシグロさんに決まったノーベル文学賞。毎年秋になると、英国のブックメーカー(賭け屋)が受賞予想を発表し、村上さんの名前が必ず上位に出てくる。これを受け、期待に満ちた報道が恒例になっている。

 「騒ぎがひどくなったのは『海辺のカフカ』の英訳版が出て『ニューヨーク・タイムズ』の今年の10冊に選…

この記事は有料記事です。

残り2517文字(全文2785文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです