メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

「ノーベル賞疲れ」小説に-- 春樹さんを解放せよ 「ファン」加藤典洋さん訴え

村上春樹さんのノーベル文学賞受賞を期待して集まったファンら。カズオ・イシグロさんの受賞決定の知らせを聞き、クラッカーを鳴らして祝福した=東京都渋谷区で2017年10月5日、小川昌宏撮影

 「世界中探しても、ノーベル賞にこれほど痛めつけられている人はいませんよ」。小説家、村上春樹さんのことだ。「長い拷問からもう解放してあげるべきだ」と文芸評論家、加藤典洋さんは訴える。【藤原章生】

ユーモア消え「消化不良感」

 今年は英国人作家、カズオ・イシグロさんに決まったノーベル文学賞。毎年秋になると、英国のブックメーカー(賭け屋)が受賞予想を発表し、村上さんの名前が必ず上位に出てくる。これを受け、期待に満ちた報道が恒例になっている。

 「騒ぎがひどくなったのは『海辺のカフカ』の英訳版が出て『ニューヨーク・タイムズ』の今年の10冊に選…

この記事は有料記事です。

残り2517文字(全文2785文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです