連載

Topics

芸術、文化、芸能などカルチャー周辺のトピックスを紹介します。

連載一覧

Topics

キネコ国際映画祭25周年 グランプリ、子供が審査

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
キネコ国際映画祭の田平美津夫フェスティバル・ディレクター(左)と映画祭のキャラクター、旅猫のキネコ=東京都内で、木村光則撮影
キネコ国際映画祭の田平美津夫フェスティバル・ディレクター(左)と映画祭のキャラクター、旅猫のキネコ=東京都内で、木村光則撮影

 日本最大の子供国際映画祭「キネコ国際映画祭」が11月2~6日、東京・二子玉川で開かれる。今回は初めて、大規模な野外上映を開くほか、世界の子供映画47作品を集中上映する。

 1992年に始まった同映画祭。25周年記念として、二子玉川駅近くの多摩川河川敷「兵庫島公園」で同4日午後4時から、スタジオポノックの長編アニメ「メアリと魔女の花」を無料で野外上映する。フェスティバル・ディレクターの田平美津夫は「日本最大級のスクリーンで1000人以上のお客さんに見てもらいたい」と意気込む。

 また、109シネマズ二子玉川などを中心に子供映画を多数上映。海外映画のコンペティション部門には長編5、短編11作品が選ばれ、小学4~6年生の子供たちが審査員を務め、「キネコグランプリ」を決定する。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文723文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集