玉野和紀

タップダンサー、来月レビュー公演 東京国際フォーラム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本人で初めてデューク・エリントン楽団と共演したタップダンサーとして知られる玉野和紀が、構成・演出・振り付けのうえ出演もするレビューイベント「ワン・ナイト・ドリーム」が11月11日の昼夜2回、東京国際フォーラムCで開催される。

 玉野は1986年に渡米し、名振付師のヘンリー・ルタンに師事。90年、エ…

この記事は有料記事です。

残り165文字(全文315文字)

あわせて読みたい

注目の特集