メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲九州場所

番付発表 連覇挑む日馬が「東」

九州場所の番付が発表され、意気込みを語る日馬富士関=福岡県太宰府市で2017年10月30日午前9時54分、徳野仁子撮影

 日本相撲協会は30日、大相撲九州場所(11月12日初日、福岡国際センター)の新番付を発表した。2場所連続10回目の優勝を狙う日馬富士が東横綱。9月の秋場所で全休した西横綱の白鵬は40回目の優勝がかかる。ともに3場所連続休場中の稀勢の里、鶴竜の両横綱は復活を期す。

 照ノ富士の関脇への陥落に伴い、豪栄道と高安の2大関。先場所を途中休場した高安は大関在位3場所目で初のカド番を迎える。

 関脇は3場所連続の御嶽海、2場所連続の嘉風を含めた3人。大関からの陥落は3月の春場所の琴奨菊以来で…

この記事は有料記事です。

残り2253文字(全文2494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです