メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選・決勝 秋田工2年連続V 36-0 秋田中央に圧勝 /秋田

【秋田工-秋田中央】後半15分、秋田工はSH柴田凌光選手(右)からFB渋谷柊永選手(中央)にパスし、そのままトライを奪う=秋田市のあきぎんスタジアムで

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会県予選(県高体連など主催、毎日新聞秋田支局など後援)は29日、秋田市のあきぎんスタジアムで決勝戦があった。秋田工が秋田中央を36-0で降し、2年連続67回目の全国大会出場を決めた。全国大会は12月27日から東大阪市花園ラグビー場で開催される。

 土砂降りの雨の中、秋田工が攻守にわたり主導権を握った。決めた6トライはすべてラックやモールの密集戦からの攻撃で、FW陣の激しいアタックが光った。

 前半11分、秋田工はゴール前22メートルの中央ラックからのモールで、敵陣に攻め込んだ。相手選手を引き寄せた後、パスを展開してWTB下山輝選手(3年)が先制トライを奪った。その後もトライを決め、12点差で折り返した。

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文918文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  4. 原付きバイクで名古屋高速走行の疑い 「ウーバーイーツ」宅配中か、愛知県警が捜査

  5. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです