メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
全日本武道空手道交流大会

県内外153人参加 八日市場ドームで /千葉

 第26回全日本武道空手道交流大会(全日本武道空手道連盟・拳眞塾主催、毎日新聞社協賛、匝瑳市教委など後援)が29日、匝瑳市の八日市場ドームで開かれた。幼児から一般まで、県内外の153人が参加し、空手の腕を競った。

 匝瑳市に拠点を置く空手道場「拳眞塾」(大川宏塾長)が、交流のある道場などに呼び掛けて開いている。頭に防具をつけた選手らが鋭い蹴りや突きを披露すると、会場に詰めかけた指導者や父母らからは大きな歓声が上がった。【千代崎聖史】

 各部門の成績上位者と特別賞受賞者は次の通り。(敬称略)

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文734文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです