メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/17 将棋 畠山鎮七段 弟子と一緒に研さん /大阪

2017年5月、棋士会副会長に就任。「もっともっとファンが楽しめる将棋界にしたい」と話す畠山鎮七段=大阪市福島区の関西将棋会館で、新土居仁昌撮影

 次々とタイトル戦の舞台に立ち、何人かは栄冠をつかみ、関西の若手棋士たちの活躍がめざましい。まばゆい姿を見ていると、少年の日々、研さんを積んだ奨励会時代に思いが巡る。彼らを厳しく鍛えた名物幹事、畠山(はたけやま)鎮(まもる)七段(48)がそこにはいた。「こっちも真剣勝負。当時31歳でしたが、10年後、絶対彼らより私の方が伸びてるぐらいの気持ちでやっていました」。ドラマに出てくる熱血教師ばりの厳しい指導が、大きく結実した。

この記事は有料記事です。

残り1460文字(全文1672文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ対策「アドバイザリーボード」再開 「夜の街」呼称やめ「社交飲食店」に

  2. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  3. 独自大会で3時間の降雨中断 鹿児島城西ナインが取った思わぬ行動 高校野球

  4. 「佐川さんには私の目を見て話をしてほしい」 近畿財務局職員の妻雅子さん

  5. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです