メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

県予選 4強決まる 日本文理大付、接戦制す 大分舞鶴は攻守で圧倒 /大分

【大分工-日田】後半終了間際、この試合3トライ目を決めた大分工の高村選手

 第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の県予選は29日、由布市湯布院町の湯布院スポーツセンターで準々決勝4試合を行い、それぞれ大分東明、大分工、日本文理大付、大分舞鶴のシード校が勝利し、ベスト4が出そろった。11月5日の準決勝は、大分市横尾の大分スポーツ公園で午前11時から大分舞鶴と日本文理大付が、午後0時20分から大分工と大分東明が、決勝進出をかけて戦う。

 大分東明はバックス陣がスピードある展開を見せ、終始主導権を握った。開始5分までに2トライを決めて勢いに乗ると、21分にはスタンドオフの佐藤咲人選手(3年)が自陣から独走してトライ。後半もトライを重ねた。大分雄城台は後半に反則によるキックで3点を返すのが精いっぱいだった。

この記事は有料記事です。

残り573文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  3. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  4. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです