メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

東日本大震災では各地の図書館で蔵書が流された…

[PR]

 東日本大震災では各地の図書館で蔵書が流された。車に本を積んで被災地を回り、貸し出すボランティアの活動が喜ばれた。図書館再建のために多額の寄付も集まった。本のありがたさが分かる出来事だった▲被災者によく読まれた本の中にビクトール・フランクルの「夜と霧」がある。著者はナチス・ドイツの強制収容所から奇跡的に生還したユダヤ人精神科医だ。戦後まもなく出版された。人は極限状態にあっても一筋の光を見いだし、希望をつなぐ。震災を経験した読者は、その姿に心打たれたのではないか▲本をめぐり、図書館と出版業界の関係は近年、微妙だ。文芸春秋の社長は先日、図書館の文庫本の貸し出しをやめてほしいと訴えた。収益を支える文庫本の貸し出しが増えると、売り上げが落ちる可能性があるからだ▲図書館側は、住民の要望を考えれば簡単には応じられないだろう。共存するには互いが議論を深めるほかない。本を読んでもらいたい気持ちは同じなのだから▲売れ筋とは別に多くの本が誰からも借りられず、図書館の書庫にひっそりと眠っている。そんな本を手に取ってもらおうと知恵を絞る図書館もある。特別のコーナーを設けて「最初の読者になってみませんか」とアピールするのだ。目に触れれば借りる人もいる▲本との出会いは時に心を癒やし、揺さぶり、人生を左右する。古代エジプトの都市にも図書館があった。入り口には「魂の診療所」という意味の言葉が記されていたという。読書の秋が深まる。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  5. 遺体引き渡しミス 「死んだ夫」ひょっこり 警視庁亀有署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです