自民党

大島衆院議長再選へ 党四役も留任

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大島理森氏
大島理森氏

 自民党は、11月1日召集の特別国会で選出される新たな衆院議長に、大島理森・前衆院議長(71)を再選させることを決めた。政権幹部が29日明らかにした。また、安倍晋三首相(自民党総裁)は、二階俊博幹事長ら党四役も留任させる方針を固めた。8月に内閣改造・党役員人事を行ったばかりであることや衆院選に大勝したことを考慮した。閣僚も全員留任させる。

 2019年3月末が有力とされる天皇陛下の退位を控え、年内にも開催される皇室会議のメンバーである衆院議長には、退位を実現する特例法を取りまとめた大島氏の続投がふさわしいとの判断に落ち着いた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文521文字)

あわせて読みたい

注目の特集