メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

戦時中生徒が掘った防空壕=無職・横山春美・68

 (長崎県佐世保市)

 近所に「無窮洞」という防空壕(ごう)があり、私はそのガイドをしています。戦時中の1943(昭和18)年8月から終戦までの2年間で掘られた、とても立派なものです。大きな特徴は、当時の国民学校の生徒と教師の人力のみで掘り、内部は見事な装飾を施し、炊事場もあることです。

 もう一つの特徴は、避難だけでなく地下教室の…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. ORICON NEWS 『バイオハザード』新作アニメ制作決定、Netflixで来年配信 フル3DCGで初の連続CGドラマ化

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  5. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです