メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい練習帳

患者に育てられる医療者たち

 人の最期にかかわりを持つ医療者、研究者らが参加する「日本死の臨床研究会」の年次大会が、今月初めに秋田市であっていろんな発表を聞いてきた。今年のテーマは「ケアする私を育む--見て、感じて、考える」だった。

 病気を「治してもらう」一般の病院では、医療者と患者の関係はどうしても上下関係になる。健康な心身に復帰するための情報や技術は医療側がたくさん持っているから。でも末期がんなどで「治らない」状況になれば、その関係性は「対等」に近くなる。そのときベッドのそばにいる医療者は戸惑う。今回「ケアする側」をテーマにしたのは、その悩みや不安を共有して前に進む試みだろう。

 嘉藤茂・大会長は秋田市内のホスピスで働く医師。冒頭講演で、20年以上前、ホスピス医になりたてのころ…

この記事は有料記事です。

残り512文字(全文842文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 重度の肺炎、武漢で日本人が入院 「新型」か不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです