メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

いじめ認知、自治体に温度差 2016年度文科省調査 過去最多32万件

都道府県別の1000人あたりのいじめ認知件数(2016年度)

 <kyoiku no mado>

 文部科学省が26日に結果を公表した2016年度の問題行動・不登校調査で、全国の小中高校と特別支援学校のいじめの認知件数が前年度から10万件近く増え、過去最多の32万件になった。文科省は積極的にすくい上げた成果としているが、3割の学校が「いじめがない」と回答し、都道府県によってもばらつきがある。いじめを苦にした自殺は減っておらず、さらなる意識改革が求められる。

この記事は有料記事です。

残り2308文字(全文2506文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. くらしナビ・学ぶ @大学 「中根」の目・データが語る 女子の医学部合格者比率が高い1位 島根大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです