メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

いじめ認知、自治体に温度差 2016年度文科省調査 過去最多32万件

都道府県別の1000人あたりのいじめ認知件数(2016年度)

 <kyoiku no mado>

 文部科学省が26日に結果を公表した2016年度の問題行動・不登校調査で、全国の小中高校と特別支援学校のいじめの認知件数が前年度から10万件近く増え、過去最多の32万件になった。文科省は積極的にすくい上げた成果としているが、3割の学校が「いじめがない」と回答し、都道府県によってもばらつきがある。いじめを苦にした自殺は減っておらず、さらなる意識改革が求められる。

この記事は有料記事です。

残り2308文字(全文2506文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです