メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

いじめ認知、自治体に温度差 2016年度文科省調査 過去最多32万件

都道府県別の1000人あたりのいじめ認知件数(2016年度)

 <kyoiku no mado>

 文部科学省が26日に結果を公表した2016年度の問題行動・不登校調査で、全国の小中高校と特別支援学校のいじめの認知件数が前年度から10万件近く増え、過去最多の32万件になった。文科省は積極的にすくい上げた成果としているが、3割の学校が「いじめがない」と回答し、都道府県によってもばらつきがある。いじめを苦にした自殺は減っておらず、さらなる意識改革が求められる。

この記事は有料記事です。

残り2308文字(全文2506文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 警視庁 クラブ店長を大麻所持容疑で逮捕 客に販売か
  5. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]